トピックス01

家具家電をリースで借りるメリットとは?

単身での急な転勤や、短期の転勤などで、「家具や家電を購入している暇がない」という方も多いのではないでしょうか。
一時的な住居と言っても、快適な新生活を送るためには家具や家電が必要です。そこで便利なのが、買い揃える手間やご使用後に廃棄するムダも省くことができる、家具・家電リースです。
最近では家具・家電を家賃に含むかたちで会社が補助してくれるケースも増えています。また、会社の社宅に最小限の家具・家電を取り揃えたいが、自社で資産を管理したくない場合などにも大変便利です。
家具・家電は生活する上での必需品です。急ぎ必要な場合など、様々なケースに対応可能な「家具・家電のリース(レンタル)」を利用してみてはいかがでしょうか。

こちらでは、家具・家電リースを利用するメリットをご紹介します。

初期費用を抑えることができる

条件によって異なりますが、3年以内の利用であれば、購入するよりもリースの方が安く済むことが多いようです。
また、インテリア館オクトでは、リースして気に入った家具や家電を買い取ることも可能です。買い取りの場合は、リース期間のリース料総額が料金に充填されますので、商品代金に対する残金のお支払いだけでご購入いただけます。

例えば新規のお店をオープンする場合、家賃や改装費用など様々な初期費用がかかり、さらに家具や家電も全て一気に買い揃えてしまうと、なかなかの負担になってしまいますよね。
その点リースを利用すると、そこにかかる費用を軽減でき一番大変な初期費用を抑えることができます。
しかもリース料は毎月の経費として処理ができますので楽ちんですね。
実際にオープンしてからの使い勝手や用不用も確認した後必要なぶんだけ購入することもできるのでとても効率的です。

オシャレな家具がある

「オシャレな家具を置きたい」「色々なインテリアを楽しみたい」「気に入った家具を利用したい」という方にも、家具のリースをおすすめします。
その時々のライフスタイルに合わせて自分好みの家具を気軽に取り入れることができるのも、リースならではのメリットです。
契約期間を調整することで、いつもなら手の届かない高額家具をレンタルすることもできます。

さらにおしゃれな家具や人気家電のリースは、賃貸不動産を持っている大家さんやマンションオーナーにも大変人気です。
リースを利用することでメンテナンスが楽なうえに人気の家電へのモデルチェンジや、ターゲット層に合わせた家具を取り入れることができますので、通常の家具付き・家電付きの物件よりも付加価値を高めることができ他の物件との差別化を図ることができますよ。

不要になったら返却できる

不要になった家具や家電は、捨てる際に自治体などに廃棄処分の依頼をしなければなりません。また自分で解体・搬出等をし、その上処分費用やリサイクル代などの費用もかかってしまいます。
リースなら不要になった家具や家電を返却するだけですので費用も手間も節約できますね。

家具や家電のご購入をお考えの方は一度リース(レンタル)というのも考えてみませんか?インテリア館オクトでは高品質の日本製家具や話題の家電など85000点以上に及ぶ豊富な品揃えで、お客様のご利用をお待ちしております。家具の販売や注文家具・オーダー家具にも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

01家具や家電をリースするメリット 02こんな方にはリースがおすすめ 03コーディネートのこつ 04オーダー家具
05リフォームのすすめ 06長く付き合える家具とは 07家電の選び方 08ブランド